運動ができる子になってほしい!

運動ができる子になってほしい!

    おはようございます  


    本日もアールプラスハウス多治見店

    飯田建設よりお届けします✨



    皆様いかがお過ごしでしょうか?? 

    アールプラス多治見店のスタッフ一同は

    元気に過ごしておりますよ~☺



     


    本日ご紹介しますのは、

    久しぶりにこのコーナー

    「子育てQ&A」

    運動できる子になってほしい



    五輪選手とまでは言いません!

    でも子どもには運動好きになってほしいのです。

    育てる上でなにか心がけるべきことは

    ありますか?



    本日はこんな疑問を

    解決していきますよっ 



    やはり子ども時代は運動ができる子が

    ヒーロー(ヒロイン)なんてことも

    ありましたよね...! 

    トップである必要はなくても

    自分の子は運動好きになってほしい、

    得意なスポーツを持ってほしい...

    なんて思ったりしますよね☺



    幼児期の運動に詳しい専門家によると、

    小学校低学年までは、

    特定の運動の上達を目指すのではなく、

    色々な動きを経験させることが大事

    だといいます。

    走る、跳ぶ、滑る、ぶら下がる、

    投げる、捕る、蹴るなどの動きを習得し、

    高い運動神経を養う時期だから

    という理由だそうです☺


    しかも大人が教えるのではなく、

    自由にさせる方が意欲を高めるそうです!

    無理に教室に通って 

    特定の運動を習わなくても、

    思い切り好きなように

    遊ばせてあげる事が

    ポイントだとか...! 



    親は一緒に遊んだり、

    見守るだけでOK。

    指導は不要で、

    まずは運動したくなる雰囲気を

    作ってあげましょう。


    S__94584834.jpg


    しかし、現代では

    自由に遊ばせる環境が

    無いという現状もありますよね。

    その場合は自由な遊びの要素を

    大切にしている教室などを

    選ぶといいかもしれませんね。



    また、アールプラス多治見店の家づくりでは

    室内遊具を取り付けることもできます...! 

    ボルダリング壁や

    のぼり棒やブランコなど

    家の中にちょっとした遊具があると

    好きな時にできるのはもちろん、

    家族の会話も自然と生まれますよね☺

    また、今回のような感染拡大により

    自粛期間でも室内遊具を付ければよかった

    とお子様のいらっしゃるご家庭では

    多くありました☺



    体の特定の部位を使いすぎないよう、

    できれば複数のスポーツを

    経験することがお勧めです。

    12歳くらいまでに自分に合った

    競技をみつけ、

    その後専門的に練習することが

    望ましいそうですよ☺



    以上、「運動ができる子になってほしい」

    のご紹介でした!!



    本日もアールプラスハウス多治見店

    飯田建設よりお届けしました!

    いつもご愛読ありがとうございます!(*^^*) 



    .

    『後悔しないための賢い家づくり勉強会』
    についてはこちら


    多治見、土岐、瑞浪、おしゃれな家、

    新築戸建て、工務店

    『飯田建設』についてはこちら


    公共事業、商業ビル、戸建住居、寺院建設

    『飯田建設』についてはこちら