ごあいさつ

~本物の環境にやさしい家を目指して~
飯田道広これまでの日本の木造住宅の寿命は約30年と言われてきました。その最大の理由は、柱などが壁内結露により腐食することでした。

また、流行を取り入れただけのデザインや間取りも年月とともに魅力が色褪せていき、建て替えのサイクルを縮めることにつながってきました。

R+house 多治見は、子や孫の代まで遺すことができる家づくりを目指しています。

お電話でのお問合せについては平日9:00~19:00まで(土日祝休み)0120-37-0071